新谷学の学歴がすごい!偏差値71の八王子東高校から早稲田大学へ

これまでも数々のスクープを放ってきた凄腕編集長だった新谷学(しんたに まなぶ)さん。

『文春砲』の生みの親ともいえる人だよ

この記事ではそんな新谷学さんの学歴にスポットを当てて紹介していきます。

この記事でわかること
  • 新谷学の出身校
  • 新谷学の学生時代

新谷学さんの嫁や子供についてはこちらの記事でまとめています。

目次

新谷学の学歴

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの学歴は次の通りです!

  • 早稲田大学
  • 八王子東高校
  • 八王子市立第二中学校

新谷学さんの母校の難易度について、

また、新谷学さんがどのような学生生活を送ってきたのか、

詳しく見ていきましょう!

新谷学の大学時代は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの出身大学は

早稲田大学 政治経済学部 政治学科

です。

名門大学として有名な早稲田大学!

新谷学さんが在籍していた政治経済学部の難易度はどれほどなのでしょうか。

新谷学の出身大学の偏差値は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

早稲田大学経済学部の詳細は次の通り!

学校名早稲田大学政治経済学部
場所東京都新宿区西早稲田1-6 早稲田大学 3号館
偏差値70.0

私立文系の大学の中で最も難易度が高い大学なんだって

大学時代の新谷学さんについて見てみましょう!

新谷学の大学時代の部活は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

大学時代の新谷学さんは、ヨット部に所属していました。

私も大学生の頃、ヨット部の友達とバックドロップでスタジャンをつくりましたよ。それもまだ持っています。

ぼくのおじさんインタビュー

高校時代からファッションに興味を持った新谷学さん。

入部したヨット部の先輩たちのスタイルに刺激を受けたんだとか。

新谷学の大学時代のバイト先は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんは大学3年の時にアメリカで最も歴史あるアパレルブランド、ブルックス・ブラザーズでバイトをしていました。

ブルックス ブラザーズのアルバイトとしても活躍

Dig-it

このバイトはファッション好きが高じて、ヨット部の先輩に頼み込んで紹介してもらったんだとか。

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

最初は青山店の裏方仕事だった新谷学さん。

接客を始めるとそのコミュニケーションスキルが認められ、優秀な販売員に成長!

そのまま就職を進められたほどでした。

ですが、すでに文藝春秋からの内定が出ていたので就職はお断りしたんだとか。

そんな新谷学さんですが、高校時代はどのような学生だったのでしょうか?

新谷学の高校時代は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの出身高校は

東京都立八王子東高等学校

です。

東京都立八王子東高等学校とは?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

東京都立八王子東高校についてはこちら!

学校名東京都立八王子東高等学校
場所東京都八王子市高倉町68-1
偏差値71

東京都立八王子東高校は東京都の公立で4位、東京都全体でも16位!

かなりの難関校であることがわかります。

高校に進学した新谷学さんはファッションに興味を持ったようです。

ファッションに目覚めた高校時代の新谷学

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

中学時代まではヤンキーファッションで過ごした新谷学さんですが、

高校の友達の影響でファッションに目覚めました。

それが高校に入って仲良くなった友達の影響で、アイビーに目覚めるんです。「ボートハウスとかシップスに行こうよ」なんて誘われて。こんな世界があるんだって、衝撃でしたね。

Dig-it

しかし部活が忙しかったため本格的にファッションを楽しんだのは大学に入ってからのようです。

新谷学が所属していた高校時代の部活動は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

高校に入学した新谷学さんは、

野球部

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

に入部しました。

高校時代は野球部で忙しかったので、本格的にアメトラにハマったのは大学に入ってからです。

Dig-it

まだヤンキーファッションだった新谷学さんの中学校時代も見てみましょう!

新谷学の中学校時代は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの出身中学は

八王子市立第二中学校

です。

地元の公立中学校に通っていたんですね。

この後難関校に進学しているので、中学時代もかなり優秀だったことでしょう。

新谷学の中学時代の部活動は?

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの中学時代はやっぱり

野球部

だったんです。

中学高校と野球部に所属していたこともあり、

いつも例えが野球になってしまうんだとか。

編集部時代、書籍の帯に野球に例えたこのようなメッセージを記していました。

「みなさんが、それぞれのバッターボックスで『フルスイングしてみようか』という気持ちになってくれたら著者として最高にうれしい」

the PAGE

新谷学さんの人生に大きな影響を与えた野球部時代。

1つ上の先輩にあの有名人がいたんです!

新谷学の中学時代の先輩にあの有名人が!

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの中学時代の先輩に自民党の萩生田光一氏がいます。

中学校の野球部の1つ上の先輩だった

ということで、怖い存在だったようですよ。

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

中学校の野球部で1つ上の先輩だったのが,今,経産大臣をやっている萩生田光一氏。悪くて,怖くて(笑)。声を出せ,気合いを入れろと怒られ。
安倍政権時代は批判をするたびに,もういいかげんにしろと抗議電話が来たけど,一切言うことを聞かない。それでも今も関係は続いています。

LIBRA2022年3月号

中学時代の先輩が大物政治家とは驚きですね!

新谷学の小学校時代

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

新谷学さんの小学校時代はどのような少年だったのでしょうか。

昔の新谷学さんのエピソードから、こだわりの強さがうかがえます!

新谷学はリアリスト

新谷学さんは幼少期から現実的な子供でした。

その証拠に、

おもしろいエピソード

があるので見てみましょう。

小学2年のとき、「きかんしゃやえもん」の読書感想文を書かされた。著者はこう記した。「機関車がしゃべるわけがない」。それだけ。後日、親が担任に呼び出された。

産経新聞
新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

「きかんしゃやえもん」は擬人化された機関車が主人公の物語です。

小さな子供は非現実的な夢を語ったりしますが、新谷学さんはかなり現実的な子供だったんですね。

雑誌編集者として『批判ではなく事実を伝えているだけ』と話す新谷学さんの原点かもしれません。

モノへのこだわり

新谷学さんのお洒落ぶりは何度も特集されるほどで、こだわりの強さは有名です。

古着は買わず、新品を自分色に染めるのが好きなんだとか!

そんなこだわりの強さは幼少期からでした。

興味深いインタビュー記事

がありましたので紹介します!

私が今日のスーツに合わせていた〝グランドセイコー〟の時計は、お祖父さんの形見なんです。私をとても可愛がってくれたお祖父さんが、一世一代の自分へのご褒美として買ったもので、亡くなった後に受け継いで、大事に大事に使っています。

JBpress

おじいさんからもらったのは小学4,5年生の時。

もう銀座の「和光」でも修理ができないため、紹介してもらった職人さんのところで直してもらいながら使っているんだとか!

モノへの追求心は幼い頃からだったんですね!

生まれは群馬県

新谷学さんの出身小学校については公開されていませんが、通っていた中学校の学区から次のいずれかの小学校でしょう。

第九小学校
中野北小学校
楢原小学校

しかし、東京都出身と言われている新谷学さんですが、一部では群馬県生まれという情報もあることから、幼少期は群馬県で育っている可能性もありますね。

新谷 学  (シンタニ マナブ)  (著/文)

1964年群馬県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1989年に文藝春秋に入社。

版元ドットコム

中学高校と野球部に所属していたことから、小学生時代も地元の野球チームに所属していたのかもしれません。

まとめ|新谷学の学歴と学生時代について

新谷学 学歴 文藝春秋 週刊文春 編集長

いかがでしたでしょうか。

この記事では週刊文春の元編集長で、“文春砲”の生みの親の新谷学さんの学歴についてまとめてきました。

  • 新谷学は早稲田大学経済学部政治学科卒業
  • 新谷学の高校は東京都立八王子東高等学校
  • 新谷学の中学は王子市立第二中学校
  • 新谷学は中学高校と野球部、大学はヨット部に入部
  • 中学まではヤンキーファッションをしていたが高校からおしゃれに目覚める
  • 大学3年からアパレルでバイトをし接客力の高さから就職を進められる
  • 小学生の頃からリアリストで、親が学校に呼ばれたことも

このような内容でお伝えしてきました。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

“どこよりもわかりやすく”をモットーに、気になるニュースの先をお届けします。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次